日本地区の歴史


全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」(マルコ1615)の、みことばに忠実に、ポール神父はアメリカだけでなく、海外のキリストを知らない人々に福音を宣べ伝えることを、修道会の大きな召命の一つと考えていました。
「すべてはキリストのためと人々の救霊のため」という標語のもとに、アトンメントのフランシスコ会の存在そのものが
宣教を目的とするものであるとポール神父は表明しています。
その成果として、カナダ、イギリス、アイルランド、イタリア、ブラジル、ジャマイカ、そして日本と、その目的は果たされていきました。
日本でのアトンメントのフランシスコ会のあゆみを以下のように簡単に示します。

                1948年7月10      ホーバン神父来日

              

               1948年8月             ホーバン神父、横浜教区脇田司教を訪問

         

               19481129     横浜教区脇田司教と契約し、鶴見・川崎地区を委任


               1949年3月3日     勝野・佐藤神父他、計5名の会員が来日


               1949年3月24      新子安教会の経営を引き継ぐ


               19491027      エリック神父他4名の会員が来日

                    

               1951年4月8日       鶴見教会献堂式

            

               1952年8月14      コルトン神父他、計2名の会員が来日


               1955年9月14      パシフィクス神父、来日

          

               1957年8月23      ブロザット神父、来日


              
1957
年9月29      アトンメント会修道女、計4名来日

           

               1959年1月11      長崎県生月にて活動開始            

                 

               19699              横浜宮ヶ谷にアトンメント・ハウス設立


              
1970
年9月13      新鶴見教会献堂式

             

               19781111      アトンメント会日本地区創立30周年を迎える

       1982年9月       平松神父 叙階


              
1998
1123      アトンメント会日本地区創立50周年を迎える
     

アトンメントのフランシスコ会 日本地区
本文へジャンプ
アトンメント会日本地区の歴史